コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二分二乗制 にぶんにじょうせい income splitting system

1件 の用語解説(二分二乗制の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二分二乗制
にぶんにじょうせい
income splitting system

課税単位の一種で,夫婦単位合算均等分割制ともいう。夫婦の所得を合算してその2分の1に相当する金額に税率を適用し,算出された税額を2倍したものをその夫婦の所得税とする方法。これは現在の所得税が所得の稼得者を単位として課税されているため,夫婦の一方だけが働いている世帯と両方が働いている世帯とでは,その世帯の所得の合計額が同額であっても累進税率の関係から前者の税負担が大きい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二分二乗制の関連キーワード補助単位ガウス単位系組立単位絶対単位系単位格子八拍子申込単位離婚時の年金分割制度資産合算制度三分割制

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone