コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

請花 ウケバナ

大辞林 第三版の解説

うけばな【請花】

塔・多宝塔・石灯籠いしどうろうなどで、相輪・宝珠・中台・台座などに見られる蓮華れんげ形の装飾。 → 相輪

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の請花の言及

【相輪】より

…青銅製,鉄製が多く,石塔,瓦塔では石製,瓦製がふつう。下から方台状の露盤(ろばん),倒椀形の伏(覆)鉢(ふくばち),ついで請(受)花(うけばな)と重ね,柱となる刹管(さつかん)を立てて宝輪を九つとりつける(九輪)。さらに上に,透彫の水煙(すいえん)4枚を放射状に配し,その上に竜車(りゆうしや),最上端部に宝珠(ほうしゆ)をおく。…

※「請花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

請花の関連キーワード蓮華宝珠受花伏鉢九輪相輪

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android