コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九輪 くりん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九輪
くりん

塔の上層部である相輪の一部をいう。九重になっているので九輪と呼ばれるが,空中にあるので空輪 (くうりん) とも呼ばれる。もとはインドの貴人の標幟である傘蓋 (さんがい) に由来し,その数が増して九輪となったものである。下から「一の輪」と数え,最上層の輪が「九の輪」と呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

く‐りん【九輪】

寺の塔の頂上部、露盤上の柱にある九つの輪装飾。相輪の一部で、傘蓋(さんがい)の数が増して変形したもの。俗に相輪ともいう。宝輪。空輪。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くりん【九輪】

寺院の塔の頂上を飾る相輪の部分の名。露盤上の請花うけばなと水煙との間にある九つの金属製の輪。宝輪。空輪。
俗に相輪のこと。 → 相輪

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の九輪の言及

【相輪】より

…九輪(くりん)ともいう。仏塔最上層の屋頂に立つ最上端部。…

【天蓋】より

…当時インドの王侯や貴族は炎暑や熱風,あるいは塵埃を避けるため,従者や下僕に傘蓋(さんがい)をかざさせたもので,貴人の外出には必需の品であった。サーンチーの仏塔をはじめ,多くの仏塔の頂上に2重,3重,あるいは5重,7重と円板を重ねたように見えるものは,多くの在俗の信者たちが寄進した傘を一木の刹(さつ)に連らね,これを頂上にかざしたものであるが,日本ではこれを相輪,九輪と呼ぶ。これもいわば天蓋の一種,あるいはその起源的なものといえる。…

※「九輪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

九輪の関連キーワード丘・久・九・仇・休・厩・及・吸・嗅・宮・弓・急・救・旧・朽・柩・毬・求・汲・泣・灸・球・究・穹・窮・笈・糺・糾・級・給・臼・舊・躬・鳩クリンソウ(九輪草)サクラソウ(桜草)トウバナ(塔花)伝上杉憲方墓三栖廃寺塔跡名古屋事件伊丹廃寺跡水煙・水烟クリンソウ仏教建築伊丹廃寺左義長柱無悪不造柄杓形鹿苑寺月像幢五重塔日像幢輪相

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

九輪の関連情報