コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諏訪直性 すわ・じきしょう

朝日日本歴史人物事典の解説

諏訪直性

没年:正慶2/元弘3.5.22(1333.7.4)
生年:生年不詳
鎌倉時代の信濃国御家人で,北条高時に仕えた得宗被官。『平河文書』には永仁年間(1293~98)の訴訟で引付奉行を務めたことがみえる。江戸時代に成立した系図・地誌類は諏訪頼重の兄弘重を直性としているが,直性の官職が左衛門尉であることから誤りである。<参考文献>『関城町史』

(永井晋)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android