コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

論点先取の虚偽(読み)ロンテンセンシュノキョギ

デジタル大辞泉の解説

ろんてんせんしゅ‐の‐きょぎ【論点先取の虚偽】

論理学で、論証においてそれ自身証明を必要とする命題を前提として採用するところから生じる虚偽。循環論証の虚偽、先決問題要求の虚偽、不当仮定の虚偽など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ろんてんせんしゅのきょぎ【論点先取の虚偽】

〘論〙 その論証の結論となるべき判断、または他の論証を必要とする判断を前提とする論証上の虚偽。論証して初めて許されるべきものを前提として立てる不当仮定の虚偽、論証の前提に一般的承認のない判断(その根拠の提示が先決問題である判断)を立てる先決問題要求の虚偽、結論を前提にもちこむ循環論証の虚偽などがこれに属する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android