コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諫院 かんいんJian-yuan; Chian-yüan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

諫院
かんいん
Jian-yuan; Chian-yüan

中国の天子をいさめる任務をもつ諫官の勤める庁舎。諫奏を職とする官僚は唐では門下省中書省に配属され,初までは独自の官署をもたなかった。ところが宋の仁宗の明道1 (1032) 年に諫官陳執中が院の設置を請い,門下省を移してその跡を諫院とした。当時は宋の文治政治盛期で,皇帝権の強化と対応して文臣の発言権が高まり,諫言の意義も高く評価され,特に有為な人材が諫官にあてられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

諫院の関連キーワード燕山君包拯

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

諫院の関連情報