門下省(読み)もんかしょう(英語表記)Men-xia-sheng; Mên-hsia-shêng

  • もんかしょう ‥シャウ
  • もんかしょう〔シヤウ〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中国,古代,中世の中央官庁。天子顧問役である侍中,散騎常侍,黄門侍郎給事中,諫官などがここに所属する。晋代には省を構成し,南北朝から初に貴族牙城となり,貴族政治時代の官制を特色づけるものとなった。詔勅上奏を審査し,言論風紀に留意するとともに天子の印璽を管理し,行幸侍従などをつとめた。唐初までは尚書省中書省と鼎立する三省の一つであったが,盛唐以降中書,門下が一体化した政事堂が設置され,宰相の府となった。この形はに引継がれたが,元にいたり門下省を廃止し,中書省一本となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

中国の官制。天子の侍従の役として晋代に独立の官府を構成。天子の顧問として貴族の意志を政治に反映させる役割をもった。唐代には上からの詔勅も,下からの上奏もみな門下省の審査を必要とした。五代以後は存在意義がなくなり,元代以後廃止。→三省
→関連項目黄門尚書省中書省

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 中国の官制。主として詔勅の審議をつかさどった。漢では侍中といわれ、晉代に独立した官署として置かれた。南北朝の貴族政治時代、貴族の意志を代表する機関として発達し、唐制では中書省、尚書省と鼎立して三省の一つとなり制度的に整備されたが、貴族制の消滅した五代以降は本来の存在意義を失い、元に至って廃された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

唐の中央官制である三省の1つ
晋 (しん) 代から置かれた中国の中央官制の1つで,天子の顧問として貴族の意思を代表する機関。上からの詔勅も下からの奏状も,門下省の審査をへなければならなかった。したがってその権限はきわめて高く,長官には門閥の名流出身者が任じられ,唐では貴族勢力の牙城となった。宋代以後しだいに実権を中書省に奪われ,元代以後は廃止された。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の門下省の言及

【三省】より

…中国,唐代に中央政府の中核を占めた中書省,門下省,尚書省の総称。中書省は天子の書記局として政策の立案と詔勅の起草を担当し,門下省は中書省から送られてきた案文を審議し,協賛したり,封駁と称する拒否権を発動したりした。…

※「門下省」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

門下省の関連情報