諸尊(読み)しょそん

精選版 日本国語大辞典「諸尊」の解説

しょ‐そん【諸尊】

〘名〙 仏教で、菩薩、天などの総称
※性霊集‐一〇(1079)詠十喩・詠鏡中像喩「三密寥寂同死灰、諸尊感応忽来訪」
曾我物語(南北朝頃)九「西にむかひ手をあはせ、臨命終の仏たち、親のために回向する命、しょそんもしりたまはん。安楽世界にむかへたまへと祈念して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android