諸尊(読み)しょそん

大辞林 第三版の解説

しょそん【諸尊】

〘仏〙 如来・菩薩・明王・天など仏教上尊崇すべき存在の総称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょ‐そん【諸尊】

〘名〙 仏教で、仏、菩薩、天などの総称
※性霊集‐一〇(1079)詠十喩詩・詠鏡中像喩「三密寥寂同死灰、諸尊感応忽来訪」
※曾我物語(南北朝頃)九「西にむかひ手をあはせ、臨命終の仏たち、親のために回向する命、しょそんもしりたまはん。安楽世界にむかへたまへと祈念して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

諸尊の関連情報