命終(読み)ミョウジュウ

デジタル大辞泉の解説

みょう‐じゅう〔ミヤウ‐〕【命終】

命が尽きること。死ぬこと。
「―して叫喚地獄に堕ちたりと」〈今昔・二・四一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みょうじゅう【命終】

( 名 ) スル
〔「みょうじゅ」とも〕
命が尽きること。死ぬこと。 「一日一夜浄戒を持て後、-しぬ/今昔 1

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

みょう‐じゅう ミャウ‥【命終】

〘名〙 (「みょうじゅ」とも) 生が終わること。定命が尽きること。死ぬこと。めいじゅう。
※日本往生極楽記(983‐987頃)延昌「平生常曰、先命終之期、欲三七日不断念仏。其結願之日、我入滅之時也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

命終の関連情報