コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

講仙 こうせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

講仙 こうせん

?-? 「今昔物語集」にみえる僧。
京都六波羅蜜寺(ろくはらみつじ)で読師をつとめる。法華(ほけ)経をきき,念仏にはげみながら没したが,生前に自分がうえた橘の木に愛着をもったため蛇となる。寺のたちの法華経写経ですくわれたという。康仙ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

講仙の関連キーワード今昔物語集