コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

講書 コウショ

デジタル大辞泉の解説

こう‐しょ〔カウ‐〕【講書】

[名](スル)書物の内容を講義すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうしょ【講書】

( 名 ) スル
書物の内容を講義すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

講書の関連キーワード歌会(うたかい)田畑 茂二郎小柳 司気太高瀬 武次郎矢田部公望山本 義一宮本 正尊ラフォルグ加藤 常賢岡田 正之高田 真治猪熊 夏樹鈴木 翠軒後醍醐天皇釈日本紀清原頼業栗本瑞見大江維時建武新政卜部兼倶

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

講書の関連情報