警戒態勢解除(読み)けいかいたいせいかいじょ(英語表記)De-alerting

知恵蔵の解説

冷戦期、米ソの核兵器は、相手の都市や基地などに照準を定め、常時発射可能な状態にあった。冷戦後、その解除が提言されてきた。例えば1994年、米ロは核兵器の照準外し(de-targeting)に合意。それは政治的意味を持ったが、技術的には、弾道ミサイルの照準は直ちに元に戻せる。そこで、米国では元軍高官らが、ミサイル誘導システムを外すなどの不活性化(de-activation)、核弾頭とミサイルの切り離し(de-mating)など、装置面での警戒態勢の緩和を提案している。

(坂本義和 東京大学名誉教授 / 中村研一 北海道大学教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

警戒態勢解除の関連情報