コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

照準 ショウジュン

デジタル大辞泉の解説

しょう‐じゅん〔セウ‐〕【照準】

[名](スル)
射撃で、弾丸が目標に命中するようにねらいを定めること。また、望遠鏡などで、目的物が鮮明に映るようにレンズの位置を定めること。「照準を定める」「正確に照準する」
一般に、ねらいを定めること。「県大会に照準を合わせる」
規準に照らすこと。
「大蔵省の布達に―して」〈地方官会議日誌一〇〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうじゅん【照準】

弾丸・爆弾が命中するように、目標にねらいを合わせること。 「 -器」 「 -を定める」
目標を決めること。 「甲子園出場に-を合わせる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

照準の関連キーワードハーバート・H. ハイマンスプリングフィールド銃ジャイプルの観測所電子光学誘導方式対戦車ミサイルキルサーノフ電子支援手段警戒態勢解除射撃管制装置アリダードバズーカ砲SATKA間接射撃暗視装置対空兵器間接照準光学兵器模擬原爆対戦車砲スコープ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

照準の関連情報