照準(読み)しょうじゅん

精選版 日本国語大辞典「照準」の解説

しょう‐じゅん セウ‥【照準】

〘名〙
らし合わせること。的を合わせること。
※新聞雑誌‐四七号報告・明治五年(1872)六月「是を以て今日進歩の医術に照準(ショフジュン)する」
② 射撃で、弾丸が目標に命中するようにねらいを定めること。また、そのねらいや、その操作。転じて一般に、ねらい。〔五国対照兵語字書(1881)〕
※不如帰(1898‐99)〈徳富蘆花〉下「装填し照準を定め」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「照準」の解説

しょう‐じゅん〔セウ‐〕【照準】

[名](スル)
射撃で、弾丸が目標に命中するようにねらいを定めること。また、望遠鏡などで、目的物が鮮明に映るようにレンズの位置を定めること。「照準を定める」「正確に照準する」
一般に、ねらいを定めること。「県大会に照準を合わせる」
規準に照らすこと。
大蔵省の布達に―して」〈地方官会議日誌一〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android