核弾頭(読み)かくだんとう(英語表記)nuclear warhead

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

核弾頭
かくだんとう
nuclear warhead

魚雷,ロケット,ミサイルなど核兵器の部分と推進誘導などの部分を分離できる場合,前者を核弾頭という。砲弾,爆弾のように一体のものでは核弾頭といわない。戦術兵器では核弾頭と HE (普通爆薬) 弾頭とに互換性を有するのが普通である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かくだんとう【核弾頭】

ミサイルの先端部に装着される、核爆発を起こす装置。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

核弾頭
かくだんとう
nuclear warhead

現在の核兵器は、爆弾ばかりでなく、各種のミサイル、砲弾、魚雷などの運搬手段によって目標に運ばれる。これらの兵器の核爆発を行う部分を核弾頭という。MIRV(マーブ)(個別誘導複数目標弾頭)とよばれる技術の発達により、現在は1基のミサイルに複数の核弾頭をつけ、それぞれを別の目標に誘導することができる。[服部 学]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かく‐だんとう【核弾頭】

〘名〙 ミサイルなどの弾頭部に核爆発装置を装着したもの。
※新兵器読本(1959)〈関野英夫〉四「射程が一五〇キロ内外に達し、核弾頭を使用できるナイキー・ハーキュリーズは」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

核弾頭の関連情報