コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊川市郷土資料展示室 とよかわしきょうどしりょうてんじしつ

1件 の用語解説(豊川市郷土資料展示室の意味・用語解説を検索)

日本の美術館・博物館INDEXの解説

とよかわしきょうどしりょうてんじしつ 【豊川市郷土資料展示室】

愛知県豊川市にある資料館。平成6年(1994)創立。地域の考古・歴史・民俗資料を収集・保存し展示する。豊川市桜ケ丘ミュージアム内にある。前身は昭和58年(1983)開設の「ふるさと資料館」。平成25年(2013)より改修工事のため休館中。
URL:http://www.city.toyokawa.lg.jp/shisetsu/bunkakyoiku/sakuragaokamuseum/index.html
住所:〒442-0064 愛知県豊川市桜ケ丘町79-2
電話:0533-85-3775

出典|講談社
©KODANSHA
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊川市郷土資料展示室の関連キーワード愛知県豊川市市田町愛知県豊川市一宮町愛知県豊川市上野愛知県豊川市国府町愛知県豊川市桜ケ丘町愛知県豊川市白鳥愛知県豊川市諏訪愛知県豊川市萩町愛知県豊川市平井町愛知県豊川市森

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone