考古(読み)コウコ

デジタル大辞泉の解説

こう‐こ〔カウ‐〕【考古】

古い時代の遺跡や遺物から、当時の生活様式や文化の状態を研究すること。「考古資料」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうこ【考古】

遺跡・遺物によって過去の文化を研究すること。 「 -資料」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐こ カウ‥【考古】

〘名〙
① 古い時代のものごとについて考えること。いにしえを考えること。
※随筆・文会雑記(1782)三「楊升菴外集も考古のことばかりなり」 〔二十二史箚記‐宋初考古之学〕
② 古代の遺物、遺跡によって、その時代の事物を研究すること。
※風俗画報‐二〇八号(1900)論説「余輩も亦考古の学を修るを以て墓癖なきにあらず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

考古の関連情報