豺狼路に当たれりいずくんぞ狐狸を問わん(読み)サイロウミチニアタレリイズクンゾコリヲトワン

デジタル大辞泉の解説

豺狼(さいろう)路(みち)に当(あ)たれりいずくんぞ狐狸(こり)を問(と)わん

《「後漢書」張綱伝から》やまいぬとおおかみが行く手にいるときに、どうして狐や狸を問題にしていられようか。大悪人が重要な地位にいて権力を振るっている場合、その下の小悪人より、大悪人をこそ除かなければならないことのたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さいろう【豺狼】 路(みち)に当(あ)たれりいずくんぞ狐狸(こり)を問(と)わん

(「後漢書‐張綱伝」の「而綱独埋車輪於洛陽都亭曰、豺狼当路、安問狐狸」から、行く手に山犬や狼がいる時、どうして狐や狸を問題にしていられようかの意) 大悪人が政治の要路にいる場合、その下の小悪人よりも、まずその大悪人を除かなければならないというたとえ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android