コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貝寄風 かいよせ

1件 の用語解説(貝寄風の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

貝寄風【かいよせ】

冬の季節風のなごりに3月下旬ごろ吹く西風。この風で大阪住吉の浜辺に打ち寄せられた貝から造花をつくり四天王寺聖徳太子をまつる聖霊会(しょうりょうえ)に献じたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の貝寄風の言及

【風】より

… オロマップ北海道の日高山脈の南麓に吹く強風。 貝寄風(かいよせ)春に吹く冬の季節風のなごりで,主として西寄りの風。陰暦2月22日に行われる大阪の四天王寺の聖霊会(しようりようえ)に貝製の造花を供えるが,この貝は貝寄風が難波の浦に吹き寄せた貝殻を使うことからきた。…

【季語】より

…使用人が生家へ帰るならわしだった),門松,注連飾(しめかざり),餅花(穀物の豊作を予祝する小正月の飾り),蓬萊,若水(元日の朝にくむ水),雑煮,鏡餅,屠蘇,太箸(正月用の白木の箸),年男(新年の儀式,家事などをつかさどる男),年始,年玉,万歳(松の内に祝言を述べた門付芸),独楽(こま),歌留多,初夢(その年の吉凶を占う夢),初荷,御用始(官庁の仕事始め),鍬初(くわぞめ)(農耕の仕事始め),初市,書初,初場所(1月の大相撲),初釜(はつかま)(新年最初の茶の湯),破魔弓(子供の厄よけのお守り)。
[春]
 水温(ぬる)む,山笑う(春の山の生気に満ちたようす),余寒(よかん)(寒があけても残っている寒さ),冴返(さえかえ)る(寒気のぶり返し),啓蟄(けいちつ)(二十四節気の一つで虫類が冬眠から覚める候),霞,麗(うらら)か,長閑(のどか),朧(おぼろ)月夜,永日(えいじつ)(春に感じる日の長さ),春眠,春愁(春の物思いや哀愁),春の宵,行く春(まさに終わろうとする春),惜春(春をおしむ心),弥生尽(やよいじん)(春の尽きる陰暦3月の末日),水取り(東大寺二月堂の修二会(しゆにえ)の行事),初午(はつうま)(2月初午の日の稲荷神社の祭礼),雛祭,開帳(秘仏の公開),遍路(四国八十八ヵ所の巡礼),野遊(のあそび)(春さきに野山に遊び飲食する),汐干狩(しおひがり),踏青(とうせい)(春の野遊び),風船,風車(かざぐるま),石鹼玉(しやぼんだま),鞦韆(しゆうせん)(ぶらんこ),凧(たこ),東風(こち)(春を告げる風),春嵐(はるあらし),春一番(春になって最初の強い南風),貝寄風(かいよせ)(陰暦2月20日ころ難波の浦へ吹く風),霾(つちふる)(黄沙のこと),花曇(花どきに多い曇天),雪崩(なだれ),陽炎(かげろう),花冷(花どきのうすら寒さ),春泥(雪どけや春雨によるぬかるみ),菜種梅雨(菜の花どきの長雨),野焼(野山の枯草を焼くこと),野火(野焼きの火),末黒野(すぐろの)(野焼きで黒く焦げた野),下萌(したもえ)(地中から出る草の芽),彼岸(春分の前後7日間),帰雁(北へ帰る渡り鳥),鳥雲に入る(帰雁が雲間に見えなくなること),桜鯛(さくらだい)(産卵のために内海へ来る鯛),苗代,忘れ霜,八十八夜(立春から88日目),恋猫(こいねこ)(寒中から早春にかけての交尾期の猫),鳥交(とりさか)る,囀(さえずり)(小鳥の春の鳴き方),雲雀(ひばり),雉子(きじ),燕(つばめ),蛙,蝶,白魚(しらうお),菜の花,蕗の薹(とう),蒲公英(たんぽぽ),土筆(つくし),梅,桃の花,桜,木の芽,佐保姫(さほひめ)(春の女神),麦踏,獺(かわうそ)魚を祭る(七十二候の一つ),北窓開く(春になって北側の窓を開ける),暮の春(春の終りごろ。暮春),草餅。…

※「貝寄風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

貝寄風の関連キーワード季節風日方風害モンスーンあなじ神渡し季節風気候南風空っ風涅槃西風

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone