コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞秀 さだひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貞秀 さだひで

?-? 南北朝時代の刀工。
筑前(ちくぜん)(福岡県)左文字派の貞吉(さだよし)の門弟で,のち肥前平戸(長崎県)にうつり,平戸左とよばれた。応安(1368-75)ごろの人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

貞秀の関連キーワード南総里見八犬伝邯鄲諸国物語五雲亭貞秀南北朝時代日野[町]恵美玄覧歌川芳虎織田瑟々松田貞秀二条良基松田満秀松田貞清蒲生智閑橋本貞秀田中東峰桜漬け孝蔵主青柳城横浜絵蒲生氏

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貞秀の関連情報