コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞秀 さだひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貞秀 さだひで

?-? 南北朝時代の刀工。
筑前(ちくぜん)(福岡県)左文字派の貞吉(さだよし)の門弟で,のち肥前平戸(長崎県)にうつり,平戸左とよばれた。応安(1368-75)ごろの人。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

貞秀の関連情報