コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財産計算 ざいさんけいさんVermögensrechnung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

財産計算
ざいさんけいさん
Vermögensrechnung

財産法ともいう。企業会計上の損益計算 (損益法) に相対する概念。すなわち企業が所有している諸資産の金額合計 (この評価にあっては取得原価基準と時価基準が考えられる) から,諸負債金額を差引いて正味財産 (自己資本) を算定する計算方式である。正味財産が毎期増加しつつあれば企業は利益を生んでいることになり,減少していれば損失が生じたことになる。このように企業会計メカニズムは損益計算,財産計算の両者によって利益を計算し,両者の利益金額の一致をもって計算過程の正確性を立証する。複式簿記といわれる理由もここにある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

財産計算の関連キーワードシュミット(Julius August Fritz Schmidt)シュマーレンバハ決算残高勘定シュミット財産目録単式簿記会計年度

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android