コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

損益法 そんえきほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

損益法
そんえきほう

期間損益の算定方法の一つ。誘導法ともいわれる。原則として所定の期間内において実現した総収益と発生した総費用とを対応させて算定する。期首と期末の純財産の差額をもって当該期間の損益算定をする財産法に対立する。日本の商法は元来財産法的思考に基づいていたが,特に 1962,1974年の改正により損益法的計算思考に大きく転換し,2005年に成立した会社法に引き継がれた(会社法432,会社計算規則5条以下)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

損益法の関連キーワード順八逆六の法則三分損益法損益計算中国音楽財産計算音響学十二律旋法音階簿記五声音律音名