コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財福師 ざいふくし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

財福師 ざいふくし

?-? 奈良時代の伎楽面作者。
正倉院に,財福師作ののある酔胡従(すいこじゅう)面と,ほかに酔胡従面,治道(ちどう)面の面袋がのこっている。面袋には天平勝宝(てんぴょうしょうほう)4年(752)4月9日の銘があり,東大寺大仏の開眼(かいげん)供養会(え)で使用されたことがわかる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

財福師

生年:生没年不詳
奈良時代伎楽面作者。正倉院には酔胡従3面が遺り,面袋が治道1点,酔胡従2点の計3点遺っている。この面袋には天平勝宝4(752)年4月9日の銘があり,東大寺大仏の開眼供養会に用いられたことがわかる。作風は,皺の刻み方や表情の写実的表現に特色を持ち,当代を代表する伎楽面作者のひとりである相(将)李魚成に近いものがうかがえる。<参考文献>石田茂作『正倉院伎楽面の研究』,正倉院事務所編『正倉院の伎楽面』

(浅井和春)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報