供養会(読み)くようえ

精選版 日本国語大辞典の解説

くよう‐え クヤウヱ【供養会】

〘名〙 仏語。
① 密教で、大日如来の智慧を開顕する九会曼荼羅(くえまんだら)(=金剛界曼荼羅)の一つ。中央の右、南方に配せられる曼荼羅をいう。諸仏がその誓いを象徴する宝冠、華鬘(けまん)(=髪飾り)などをもって、大日如来等の五仏を供養する相を示すもの。
供養のための法要。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の供養会の言及

【両界曼荼羅】より

…この左方の微細(みさい)会は,三昧耶形を超越し,金剛杵や梵字(種子(しゆじ))の内奥の極微の世界に全魂を凝集し,現象の奥にある理法をあらわす法曼荼羅。その上方の供養会は,社会行動をする際,互いに供養し和み合う世界を求める羯磨(行為)曼荼羅。以上の大・三・法・羯の4曼荼羅を総称して,四種曼荼羅という。…

※「供養会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

供養会の関連情報