コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

供養会 くようえ

世界大百科事典内の供養会の言及

【両界曼荼羅】より

…この左方の微細(みさい)会は,三昧耶形を超越し,金剛杵や梵字(種子(しゆじ))の内奥の極微の世界に全魂を凝集し,現象の奥にある理法をあらわす法曼荼羅。その上方の供養会は,社会行動をする際,互いに供養し和み合う世界を求める羯磨(行為)曼荼羅。以上の大・三・法・羯の4曼荼羅を総称して,四種曼荼羅という。…

※「供養会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

供養会の関連キーワード道成寺(和歌山県)太山寺(愛媛県)ゴトン・ロヨン金剛界曼荼羅原爆供養塔四箇法要相李魚成大仏開眼称徳天皇天平勝宝足利義兼日本音楽正倉院裂賀陽親王将李魚成広隆寺曼荼羅六勝寺浅草寺當麻寺

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

供養会の関連情報