治道(読み)チドウ

大辞林 第三版の解説

ちどう【治道】

国を治める方法。政治の道。
伎楽面の一。鼻の極めて高い男の面。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ち‐どう ‥ダウ【治道】

〘名〙
① 国を治める方法。政治のとりかた。治術
※信長記(1622)一五下「文道武道は治道(チダウ)の経緯とは云ふとも、文道殊に枢要ならめ」
※童子問(1707)中「而不三レ能与民同好悪。於治道何益」 〔礼記‐楽記〕
伎楽の面の一つ。伝存する伎楽面のうち最も鼻が高い。
※法隆寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)二月一一日「伎楽壱拾壱具〈略〉治道弐面 衣服具」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

治道の関連情報