責任転嫁(読み)せきにんてんか

四字熟語を知る辞典「責任転嫁」の解説

責任転嫁

自分が負うべき責めを他のに負わせること。責任を他になすりつけること。

[活用] ―する。

[使用例] 結核の既往症のある患者なら、ともかく内科で胸部断層撮影をしておくべきではないですかねぇ、それをせずして、財前教授のみを非難するのは、一種の責任転嫁といえませんか[山崎豊子*白い巨塔|1965]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「責任転嫁」の解説

せきにん‐てんか【責任転嫁】

[名](スル)自分が負うべき責めを他の者に負わせること。責任を他になすりつけること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android