コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内科 ないか internal medicine

6件 の用語解説(内科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内科
ないか
internal medicine

内臓の疾患を扱う臨床医学の一部門。外科的手法を用いず,主として薬物によって保存的に治療を行う。診療内容は大別すれば問診,視診,触診打診聴診臨床検査,ならびに治療である。日本では江戸時代まで,西洋医学は外科のみであると久しく考えられていた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ない‐か〔‐クワ〕【内科】

全身性あるいは内臓などの病気を、主に薬物療法によって治療する医学・医療の分野。呼吸器科循環器科消化器科などに分けられ、医療の中で最も広い領域。⇔外科

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

内科【ないか】

臨床医学の一分科。手術的処置によらず,薬物療法や食事療法などで治療しうる各種器官の疾病の診断・治療を行う。器官別に消化器科,呼吸器科,循環器科,内分泌科,血液科,神経内科などに分かれる
→関連項目外科標榜診療科

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ないか【内科 internal medicine】

内科学の略称。臨床医学の一分野であるが,内科が医学そのものを意味したこともあるくらい重要な部門なので,内科を定義づけようとすれば,医学の概念の変化をまずたどる必要があるであろう。
[医学と内科]
 医学は英語ではmedicineという言葉で表されるが,この語には,このほかに〈まじない〉〈魔術〉〈薬〉〈医術〉〈内科学〉などの意味がある。このことは,医学そのものが,人類誕生以来の人類自身の,けがや病気を治すためにはらった莫大な努力や,そのために考えだされた数えきれない工夫のなかに胚胎し,それが魔術の段階,思弁的な段階を経て自然科学的な医学として結実したものであることを物語っているように思われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ないか【内科】

臨床医学の基礎をなす医学の一分科。患者の病気を診断し、病気の本態と原因を明らかにし、外科的操作によらず治療するもの。循環器・消化器・呼吸器・泌尿器・血液・内分泌など広範な領域にわたる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内科
ないか

内科学internal medicineの略称または診療科目名の一つ。内科学は一般に内臓に原因する疾患を主として薬物療法により治療する臨床医学の一部門とされるが、厳密に定義することはむずかしく、診療科目の内科も多くの専門分科に分けられる傾向がある。
 19世紀になって外科が独立するに及び、残る医学の分野を外科に対して内科とよんだのが始まりである。したがって、それまでの医学そのものも内科であったと考えるのが妥当であり、基礎的にみれば臨床医学を総括する分野で、実際にも診断学や治療学なども内科学総論として研究されている。すなわち、内科では全身疾患を診療対象としているところから、内科以外の各臨床医学の分野と重複するものもあり、どの科の診療を受ければよいかわからない場合は、まず内科で診察を受けるのが賢明といえる。これは、あらゆる臨床医学の窓口的存在ともみられるわけで、大きく分類しても感染症をはじめ、循環器疾患、神経系疾患、消化器系疾患、血液疾患、呼吸器疾患、内分泌疾患、腎(じん)泌尿器疾患、アレルギー疾患、新陳代謝疾患などのほか、膠原(こうげん)病や中毒など非常に広い範囲に及んでいる。なお、同じ全身疾患を扱っても発育途上にある場合は診療面で異なることが多く、15歳以上を内科、14歳以下を小児科と年齢的に区別している。
 歴史的にみると、内科学が発展したのは生理学や解剖学が発達した16世紀から17世紀にかけてであり、18世紀の検温器の応用や打診法の発明、19世紀になって聴診器の発明があり、診断学の進歩とともに内容的にだんだん発展してきた。しかし飛躍的に進歩してきたのは、19世紀後半にX線の発見と細菌学の確立をみてからであり、これらが20世紀の発展の基礎となった。
 日本では明治初期に近代医学は一つの医学として生まれ、これが内科系と外科系に大別されて以来、それぞれが細かく専門分科に分かれてきた。医学が連鎖反応的に進歩してきた現在、すでに1人の頭脳では内科をひととおりマスターするだけでも不可能な状態になってきており、内科はまず呼吸器科、循環器科、胃腸科または消化器科に分かれ、さらに消化器科は肝臓専門や膵臓(すいぞう)専門というように細分され、ホルモン科あるいは内分泌科を独立させたり、これがまた糖尿病科とか甲状腺(せん)専門に細分されてきた。なかには心臓血管科とか、心療内科や物療内科、あるいは老人科や成人科といった診療科目まで現れてきた。感染症(伝染病)については、いわゆる隔離病院の縮小に伴い、扱う疾病の範囲を広げて、微生物によっておこる病気はなんでも扱う感染症科を設けた病院もある。
 こうしたところにいる医師はいわゆる専門医であり、専門以外の病気については一般内科のいわゆる家庭医のほうが適切な判断を下せる場合もあるので、家庭医の紹介で専門医の診療を受けるようにするのが望ましい。[柳下徳雄]
『大藤正雄著『新臨床内科学』第7版(1997・医学書院) ▽島田馨編『内科学書』改訂第5版(1999・中山書店) ▽井村裕夫編集主幹、大井元晴・笹田昌孝・中井義勝・福田善弘他編『わかりやすい内科学』(1999・文光堂) ▽杉本恒明・小俣政男著『内科学』第7版(1999・朝倉書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の内科の言及

【医学】より

…しかし,外科手術をおこなったのは床屋外科医だけではなく,ドクター称号をもつ医師たちもおこなった。サレルノやモンペリエの医学教育の中では外科も内科も区別されなかったし,北イタリアの大学では当初から外科は医学教育の正規の科目として講義されていた。もっとも13世紀には,内外科の分離の兆候が始まっている。…

※「内科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

内科の関連キーワード基礎医学整形外科専門医皮膚科臨床医学産科第一人者研究医小児医学《臨床医学の誕生》

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内科の関連情報