コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

費用対効果比 ひようたいこうかひcost vs. benefit; cost / effectiveness

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

費用対効果比
ひようたいこうかひ
cost vs. benefit; cost / effectiveness

投入される費用と,そのもたらす効果の比率のことで,財の効用ともいう。もともとは経済用語であるが,アメリカの国防長官 R.マクナマラによって提唱され,1963年国防省が会計年度の国防予算を効率的に配分するため導入したPPBS (企画計画予算制度) の根幹をなす数値として有名になった。日本でも MIS使節団の提言を契機に,経済企画庁財界で研究が行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

費用対効果比の関連キーワード高エネルギー物理学プレストン

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android