根幹(読み)こんかん

精選版 日本国語大辞典「根幹」の解説

こん‐かん【根幹】

〘名〙
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉代議士「根幹(コンカン)共に朽ちたりと云はうか、病膏肓に入ると云はうか」
② 物事の大もと。根本(こんぽん)
※人生観上の自然主義(1907)〈片上天弦〉「文芸上の主張たる写実主義根柢の思想が、直ちに人生観照の態度となり、根幹相貫くといふほどの関係には到らなかったらしい」 〔韓非子‐揚権〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「根幹」の解説

こん‐かん【根幹】

根と幹。
物事の大もと。ねもと。中心となるもの。「民主主義が近代社会の根幹をなしている」
[類語]基本根本中心大本おおもと基礎基軸基調基底根底もとい土台下地初歩いろはABC基盤基幹基部大根重要重点かなめ中軸枢軸主軸主体中枢中核要石かなめいしキーストーン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「根幹」の解説

【根幹】こんかん

根本。基本。〔韓非子、揚権〕靜無爲はなり。參伍比物は事の形なり。之れを參するに比物を以てし、之れを伍するにを以てす。根幹革(あらた)まらずんば、則ち動泄(どうえい)失はず。

字通「根」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android