コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

費用関数 ひようかんすうcost function

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

費用関数
ひようかんすう
cost function

一定量の生産物を生産するために要する最小費用を示したもの。生産量と生産要素の数量的組合せ生産関数によって決定され,生産要素の価格が与えられれば,それぞれの生産水準に対応する最小費用を見出すことができる。費用関数には固定設備の規模を不変とした場合の短期費用関数と,企業家が最適規模の固定設備を選択できるとした場合の長期費用関数とがある。また費用関数を曲線として示したものを費用曲線という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

費用関数の関連キーワード富の理論の数学的原理に関する研究

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android