コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

費用曲線 ひようきょくせんcost curve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

費用曲線
ひようきょくせん
cost curve

費用関数における生産量と費用の関係を曲線として示したもの。不変費の限界費用の性質により,生産量がある一定量に達するまでは逓減するが,その限度をこえると逓増する。短期費用曲線と長期費用曲線があり,後者は前者の包絡線として得られる。また費用曲線の接線勾配軌跡としての限界費用曲線や,費用曲線と原点とを結んだ直線の勾配の軌跡としての平均費用曲線などを含めて広義の費用曲線ということがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

費用曲線の関連キーワード独占的競争の理論クールノーの点J. ディーン屈折需要曲線限界生産力説カーンの定理生産費の法則銀行行動理論独占的競争公共料金ディーンバイナー供給曲線独占

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android