貼(り)付ける/張(り)付ける(読み)ハリツケル

デジタル大辞泉の解説

はり‐つ・ける【貼(り)付ける/張(り)付ける】

[動カ下一][文]はりつ・く[カ下二]
紙や布などを広げてのりなどでくっつける。「絆創膏(ばんそうこう)を―・ける」「壁にメニューを―・ける」
人をある場所に長時間とどめておく。「首相官邸に記者を―・けておく」
平手で力いっぱいなぐりつける。「思いきり頰(ほお)を―・ける」
磔(はりつけ)にする。
「其の所に―・けて射殺してけり」〈今昔・二九・九〉
[補説]多く、24は「張(り)付ける」と書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android