コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貼付文 はりつけもん

1件 の用語解説(貼付文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貼付文
はりつけもん

縄文土器などの文様。粘土の紐または粒を器面や縁に張りつけて装飾するもの。最古の縄文土器は豆粒文土器といい,この手法がみられる。その後縄文時代前期に発達し,中期以降に継承される。また東日本弥生時代中・後期の土器の一部に,ボタン状あるいは棒状の粘土を張りつけたものもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貼付文の関連キーワード小瀬ヶ沢洞穴縄文時代縄文土器無文土器隆起線文土器施文押型文土器縄文式土器ギリアビー佐太講武貝塚

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone