貼付文(読み)はりつけもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貼付文
はりつけもん

縄文土器などの文様。粘土の紐または粒を器面や縁に張りつけて装飾するもの。最古の縄文土器豆粒文土器といい,この手法がみられる。その後縄文時代前期に発達し,中期以降に継承される。また東日本の弥生時代中・後期の土器の一部に,ボタン状あるいは棒状の粘土を張りつけたものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貼付文の関連情報