コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貼付文 はりつけもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貼付文
はりつけもん

縄文土器などの文様。粘土の紐または粒を器面や縁に張りつけて装飾するもの。最古の縄文土器豆粒文土器といい,この手法がみられる。その後縄文時代前期に発達し,中期以降に継承される。また東日本の弥生時代中・後期の土器の一部に,ボタン状あるいは棒状の粘土を張りつけたものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

貼付文の関連キーワードオホーツク式土器半山古墓群沙鍋屯洞窟続縄文文化ラピタ土器隆線文土器続縄文土器擦文土器

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android