賀陽院水閣歌合(読み)かやのいんすいかくうたあわせ

  • かやのいんすいかくうたあわせ カヤのヰンスイカクうたあはせ

精選版 日本国語大辞典の解説

長元八年(一〇三五)五月一六日、関白藤原頼通が主催、その邸高陽院の水閣(釣殿)で行なわれた。大中臣輔親判定。一〇題一〇番の撰歌合。詠者は赤染衛門、藤原公任、能因、相模ら一一人。臣下の催した歌合としては最高の盛儀とされる。長元八年関白左大臣頼通歌合。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android