コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賃粉切り チンコキリ

2件 の用語解説(賃粉切りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちん‐こきり【賃粉切り】

賃銭を取って葉タバコを刻むこと。また、その職人。
「ふきがらをじうといわせる―」〈柳多留・三〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちんこきり【賃粉切り】

賃金を取って葉タバコを刻むこと。また、その職人。 「よき所に鬼門喜兵衛-の拵へ煙草を切り居る/歌舞伎・お染久松色読販」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

賃粉切りの関連キーワード御先タバコ刻みタバコタバコ入れタバコ切りタバコ銭賃搗き寝タバコ歩きタバコ賃綿たばこ事業法