コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資本装備率 しほんそうびりつcapital equipment ratio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資本装備率
しほんそうびりつ
capital equipment ratio

労働量に対する資本量の比率。正しくは労働の資本装備率,あるいは資本集約度という。資本装備率は個別企業としても,また産業別にも,あるいは国民経済全体としても計測されるが,いずれにせよ雇用労働者数を L ,資本設備額を Kとすれば,この比率は K/Lとして表わされる。資本装備率の上昇は生産力の増大を意味し,資本主義的経済発展は絶えずこの比率を上昇させる傾向にある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しほん‐そうびりつ〔‐サウビリツ〕【資本装備率】

資本ストックを労働者数で割った比率。労働者1人当たりの利用可能な機械設備の規模を示す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しほんそうびりつ【資本装備率】

生産過程において、労働一単位に対する資本の割合。資本集約度。労働装備率。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の資本装備率の言及

【資本集約度】より

…資本装備率(実証分析においては一般にこの言葉が使われる),資本‐労働比率ともよばれ,資本ストック(資本の存在量)(K)を労働者数(L)で除した比率(K/L)である。すなわち,労働者1人がどれほどの資本ストックと組み合わされて生産活動が行われているかを示すのが資本集約度にほかならない。…

※「資本装備率」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

資本装備率の関連キーワード資本集約型産業・労働集約型産業労働節約的技術進歩労働集約型産業労働集約的産業資本集約的産業資本集約型産業労働装備率零細企業中小企業雇用係数資本深化資本浅化生産過程割合

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android