コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賢一 けんいつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賢一 けんいつ

?-? 平安時代前期の僧。
度賀尾(栂尾(とがのお))寺(のちの高山(こうざん)寺)の苦行僧。貞観(じょうがん)18年(876)11歳の尊意(そんい)をあずかり,日夜きびしい行を課した。元慶(がんぎょう)2年(878)尊意に薬師仏像をあたえて立ち去り,白山(はくさん)にはいったという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

賢一の関連キーワード傭兵ピエール ジャンヌ・ダルクの恋人はだかの王様~シブトクつよく~少女が大人になる時 その細き道ウロボロス/この愛こそ、正義。ソーシャル・コミュニケータージャガーになった男Maroko 麿子テラフォーマーズがんばりましょうジャブジャブ音頭トムラウシ温泉Aサインデイズチュランペットあぶない女たちル・クルーゾ傭兵ピエール内職詐欺事件ステイション十勝川温泉王妃の離婚

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

賢一の関連情報