コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賢一 けんいつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賢一 けんいつ

?-? 平安時代前期の僧。
度賀尾(栂尾(とがのお))寺(のちの高山(こうざん)寺)の苦行僧。貞観(じょうがん)18年(876)11歳の尊意(そんい)をあずかり,日夜きびしい行を課した。元慶(がんぎょう)2年(878)尊意に薬師仏像をあたえて立ち去り,白山(はくさん)にはいったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

賢一の関連キーワード傭兵ピエール ジャンヌ・ダルクの恋人少女が大人になる時 その細き道はだかの王様~シブトクつよく~ウロボロス/この愛こそ、正義。ソーシャル・コミュニケータージャガーになった男Maroko 麿子テラフォーマーズジャブジャブ音頭がんばりましょうトムラウシ温泉チュランペットあぶない女たちAサインデイズ傭兵ピエールル・クルーゾステイション内職詐欺事件寺嶋宗一郎大切なもの

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

賢一の関連情報