コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊意 ソンイ

4件 の用語解説(尊意の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そん‐い【尊意】

相手を敬って、その意思や意見をいう語。お考え。おぼしめし。「尊意を承る」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊意 そんい

866-940 平安時代前期-中期の僧。
貞観(じょうがん)8年2月生まれ。京都の人。元慶(がんぎょう)3年比叡山(ひえいざん)にのぼり極楽寺の増全を師として得度,仁和(にんな)3年円珍に菩薩(ぼさつ)戒をうける。延長4年天台座主(ざす),天慶(てんぎょう)元年大僧都(だいそうず)。祈祷(きとう)をよくした。天慶3年2月24日死去。75歳。俗姓は息長丹生(おきながにう)。号は法性房。著作に「法性私記」「胎蔵記」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

尊意

没年:天慶3.2.24(940.4.4)
生年:貞観8(866)
平安中期の天台宗の僧。天台座主,僧正法印大和尚位追贈,法性房と号す。一説に貞観18(876)年生まれ。左京の人,俗姓は息長丹生真人。貞観18年,11歳のとき洛東の吉田寺で地獄絵を見て仏道に志し,はじめ栂尾寺で賢一に学び,元慶3(879)年比叡山に登り,17歳で剃髪した。諸国霊験所を巡って修行し,河内国(大阪府)若江郡で霊木を得て千手観音像を造り一生帰依したという。仁和3(887)年,登壇受戒して12年籠山し,増全,玄昭に台密を学び,円珍に菩薩戒を受けた。醍醐,朱雀天皇護持僧。延長4(926)年,座主となり14年間在任した。旱魃に雨を祈り,疫病流行に祈って験あり,同8年夏,菅原道真の御霊と噂された落雷で清涼殿で死者が出たときに天皇を加持し,平将門の乱に大威徳法を修して験があった。また,諸国一万塔の修補,大般若経60部,観音像60体を六十余国に安置することを朝廷に請うて許されている。年来極楽往生を願っていたが晩年は兜率天往生を願い,臨終時は弟子に葬送のことを指示して75歳で没した。座主のときの夢に,女人禁制の比叡山内に美女が車で空から降りたのでとがめると,美女は稲荷神で舎利会を拝むためであり,仏法を護持しようと答えたので,山麓の日吉社に聖女社として祀ったと伝える。<参考文献>『尊意贈僧正伝』

(西口順子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

そんい【尊意】

他人の意志・意向を敬っていう語。おぼしめし。尊旨。尊慮。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尊意の関連キーワード尊意僧正即真周湛孝暢明快源雲慈実勝範尊教長意仁実

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

尊意の関連情報