コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賢和 けんわ

2件 の用語解説(賢和の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

賢和 けんわ

?-? 平安時代前期の僧。
法相(ほっそう)宗。大和(奈良県)元興(がんごう)寺でまなぶ。伝灯法師位にあった貞観(じょうがん)7年(865),近江(おうみ)(滋賀県)奥島神宮寺の創建を上奏し,ゆるされる。おなじころ停泊地の播磨(はりま)(兵庫県)魚住泊,近江の和邇泊(わにのとまり)を修造した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

賢和

生年:生没年不詳
平安前期の法相宗の僧。「けんな」ともいう。元興寺で性相を学ぶが,近江国野洲郡奥島(滋賀県近江八幡市)に住んで堂舎を建立し,奥島の神の神託を受け,貞観7(865)年,これを神宮寺とした。同9年には播磨国明石郡(兵庫県明石市)の魚住泊を同国講師の賢養と共に再興し,また承和年間(834~848)に律師静安 の造った近江国和邇泊(滋賀県滋賀郡)の修造を企て,国司の協力を求め,受理された。時に伝燈法師位。魚住泊の再興は三善清行や重源によって回顧され,清行が延喜14(914)年に提出した政治意見書「意見封事十二箇条」では,賢和の菩薩業,利他業を讃え,その死去から約40年が過ぎたとしている。

(岡野浩二)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

賢和の関連キーワード隆温大乗院隆温隆範法相一乗要決延鎮三修実尊清範仲算

賢和の関連情報