コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賦課式保険

保険基礎用語集の解説

賦課式保険

保険の技術的基礎が確立する以前(18世紀以前)は、あらかじめ合理的に保険料を確定させることはできませんdした。そこで、あらかじめ1人当たり一定額の保険料を払込むかわりに、一定期間経過後、その期間内に発生した保険事故に応じて必要となる金額を保険料として加盟員から徴収する方法をとっていました。この方法で保障を行う保険を賦課式保険といいます。

出典|みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone