コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤外写真 セキガイシャシン

デジタル大辞泉の解説

せきがい‐しゃしん〔セキグワイ‐〕【赤外写真】

赤外線写真

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

赤外写真

 人間の目に感じる可視光よりも波長の長い赤外光(約800nm以上)に感じる赤外フィルムを使って撮影する写真。肉眼で見たものとはまったく異なる描写が可能なため、風景写真などに使われる。赤外フィルムは可視光にも感応してしまうため、R60やそれ以上の暗赤色のフィルターを使って可視光をカットして撮影する。また、赤外光で写すと、可視光で合わせたピント位置とはずれでくるため、あらかじめ修正が必要である。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android