赤毛連盟(読み)あかげれんめい(英語表記)The Red-Headed League

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤毛連盟
あかげれんめい
The Red-Headed League

イギリスの推理作家コナン・ドイルの推理短編小説。ホームズものの佳作の一つ。『赤髪連盟』『赤毛組合』などの訳題名もある。短編集『シャーロック・ホームズの冒険』(1892)のなかにある。赤い髪の男を募集しますという広告に応募して1人の男が採用された。だが、その仕事はおよそ意味のないもので、しかも信じられない高給である。しかしある日突然事務所が閉鎖されたので、男がホームズのもとに相談にきたところから話は始まる。推理小説の醍醐味(だいごみ)である、不可解な謎(なぞ)と意外な解決を兼ね備えた短編の名作。[梶 龍雄]
『阿部知二訳『シャーロック・ホームズの冒険』(創元推理文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android