コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤泊郷土資料館 あかどまりきょうどしりょうかん

1件 の用語解説(赤泊郷土資料館の意味・用語解説を検索)

日本の美術館・博物館INDEXの解説

あかどまりきょうどしりょうかん 【赤泊郷土資料館】

新潟県佐渡市にある資料館。赤泊地区の歴史・民俗資料を収集・保存し展示する。また「島の祭り」をテーマに佐渡島内の伝統芸能を紹介。赤泊出身の作家長谷川海太郎(かいたろう)(林不忘(ふぼう))を紹介するコーナーもある。みなと史跡公園内にある。
URL:http://www.city.sado.niigata.jp/sadobunka/denbun/museum/index_haku.htm
住所:〒952-0711 新潟県佐渡市赤泊2458
電話:0259-87-3141

出典|講談社
©KODANSHA
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤泊郷土資料館の関連キーワード新潟県佐渡市赤泊新潟県佐渡市泉新潟県佐渡市小木新潟県佐渡市小木町新潟県佐渡市関新潟県佐渡市新穂瓜生屋新潟県佐渡市西三川新潟県佐渡市願新潟県佐渡市真野新潟県佐渡市八幡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone