紹介(読み)しょうかい

精選版 日本国語大辞典「紹介」の解説

しょう‐かい セウ‥【紹介】

〘名〙 (古く「じょうかい」とも)
① (━する) 人と人との間に立って取り持ちをすること。なかだちをすること。とりもち。はしわたし。ひきあわせ。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※読本・椿説弓張月(1807‐11)続「将(はた)書肆へ紹介(ジャウカイ)等の事は、その請ひに応ずるのいとまあらず」 〔戦国策‐趙策・孝成王〕
② (━する) 知られていない物事を広く教え知らせること。
※和蘭皿(1904)〈生田葵山〉媾曳「大学生の縁談を破毀さした男として紹介したならば」
※趣味の遺伝(1906)〈夏目漱石〉三「例の同僚からの紹介を持って行ったら快よく談話をしてくれた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「紹介」の解説

しょう‐かい〔セウ‐〕【紹介】

[名](スル)
未知の人どうしの間に入って引き合わせること。仲立ち。「知人の紹介で就職する」「友人を家族に紹介する」「自己紹介
知られていない物事を世間に広く教え知らせること。「雑誌で紹介された店」「日本文化を海外に紹介する」「新刊紹介
[類語]仲介取り持つ橋渡し仲立ち媒介取り次ぐ介する世話取り持ち口利き口入れ口添え肝煎きもい斡旋あっせん周旋仲買媒酌お節介仲裁調停架け橋渡りを付ける引き合わせる中に立つ間に立つ取り成す

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「紹介」の解説

【紹介】しよう(せう)かい

人を引きあわせる。〔戦国策、趙三〕原君、に辛垣衍を見て曰く、東國に魯先生といふものり。其の人此(ここ)に在り。平原君ふ、爲に紹介して、之れを將軍に見(まみ)えしめんと。

字通「紹」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android