コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤火バーナー あかびバーナーnon-premixed burner

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤火バーナー
あかびバーナー
non-premixed burner

ガスをそのまま大気中に噴出して燃焼させるバーナー。燃焼に必要な空気をすべて2次空気としており,1次空気を取入れない (→ブンゼンバーナ ) 。燃焼過程はきわめて遅く,は長く伸びて赤黄色となる。炎の温度は比較的に低く約 900℃,炎の赤い輝きはガス中の重炭化水素が空気と接触し反応しないうちに温度上昇して炭素粒子を分離,これが赤熱されるためで,炎が何かある冷たい表面に接触すれば,炭素粒子はそのまますすとなってその表面に付着する。一方,フラッシュバックの傾向と消火音がなく,空気調節も不要などの特長がある。パイロットバーナー,点火バーナーにはほとんど赤火バーナーが用いられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android