赤茶(読み)あかちゃ

色名がわかる辞典の解説

あかちゃ【赤茶】

色名の一つ。JISの色彩規格では「つよい黄赤」としている。一般に、ややみがかった茶色のこと。赤錆さびに似ている。色があせたり、日に焼けて変色することを「赤茶ける」というように、明るくクリアーな茶系統ではなく、さびたイメージの色合いをさす。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あか‐ちゃ【赤茶】

〘名〙 赤みを帯びた茶色。赤茶色。
※アメリカひじき(1967)〈野坂昭如〉「どんどん水が赤茶にかわり」

あかちゃ・ける【赤茶】

〘自カ下一〙 赤みがかった茶色になる。また、日に焼けたり、染料がはげたりして赤茶色になる。
※はやり唄(1902)〈小杉天外〉一三「赤茶色(アカチャケ)た土を塗って」

あかっちゃ・ける【赤茶】

〘自カ下一〙 「あかちゃける」の変化した語。
※落語・姫かたり(1890)〈三代目三遊亭円遊〉「アノ赤ッチャケた唐鼈甲ぢゃア有りません」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤茶の関連情報