コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤茶 あかちゃ

色名がわかる辞典の解説

あかちゃ【赤茶】

色名の一つ。JISの色彩規格では「つよい黄赤」としている。一般に、ややみがかった茶色のこと。赤錆さびに似ている。色があせたり、日に焼けて変色することを「赤茶ける」というように、明るくクリアーな茶系統ではなく、さびたイメージの色合いをさす。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あか‐ちゃ【赤茶】

赤みを帯びた茶色。赤茶色。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あかちゃ【赤茶】

赤みがかった茶色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

赤茶の関連キーワードキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルアフリカウスイロイルカイチゴハナゾウムシダコタマホガニースマトラタイガーアラベスカートトーティシェルマーク ロスコエリマキバトスピネル顔料聖マルコ教会ムギワラギクラングドックアフリカ舞舞ペキニーズ八重山上布インパラ鷲の広場団十郎茶キャリコ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤茶の関連情報