赫然(読み)かくぜん

精選版 日本国語大辞典「赫然」の解説

かく‐ぜん【赫然】

〘形動タリ〙
① かっと怒るさま。激怒するさま。
竹生島縁起(1414)「于時件神赫然発憤、急出東風返中臣之舟
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉六一「顔色忽ち変じ、赫然(カクゼン)として曰く」 〔漢書‐枚乗伝〕
② 輝き、盛んなさま。あきらかなさま。
※大学垂加先生講義(1679)「所謂明命赫然、無内外者、人己合一のなりが能見ゆるぞ」
舞姫(1890)〈森鴎外〉「赫然たる色のを纏ひ」 〔蜀志‐諸葛亮伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「赫然」の解説

かく‐ぜん【×赫然】

[ト・タル][文][形動タリ]
はげしく怒るさま。
「顔色忽ち変じ、―として曰く」〈織田訳・花柳春話
輝くさま。
「―たる色の衣を纏い」〈鴎外舞姫

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android