竹生島縁起(読み)ちくぶじまえんぎ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

竹生島縁起
ちくぶじまえんぎ

滋賀県長浜市の都久夫須麻神社(つくぶすまじんじゃ)・宝厳寺(ほうごんじ)の縁起。智福嶋縁起とも表記する。護国寺本『諸寺縁起集』に、931年(承平1)成立と伝える縁起を収録するのが早い時期のもの。『群書類従』本には、1414年(応永21)に普文が比叡山にて旧記を集めて撰したとの奥書があり、勧進帳の前文として著されたらしい。琵琶湖上への竹生島の出現とその出所に関するいくつかの口伝、島名・周辺地名の由来や仏教的注釈、738年(天平10)の行基による四天王像安置から989年(永祚1)の平惟仲の法華三昧田の施入に至る尊像堂舎の造立や神階授与・寄進などの年代記、十五童子が垂迹(すいじゃく)した神社などが記される。北近江での気吹雄命(いぶきおのみこと)と地主神浅井姫の争い、海竜が大鯰に変じて大蛇を退治した話、信仰の中心となる弁才天の霊験譚、中世の祭礼図にも描かれる六蓮華会の由来など、短編ながら多彩な内容を含んでいる。[藤原重雄]
『西田長男著「竹生嶋縁起」(『群書解題 第6巻』所収・1986・続群書類従完成会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android