走り高跳び(読み)ハシリタカトビ

デジタル大辞泉「走り高跳び」の解説

はしり‐たかとび【走り高跳び】

陸上競技の種目の一。助走して片足で踏み切り、バーを落とさずに跳びこえ、その高さを競う跳躍競技ハイジャンプ
[補説](2021年3月現在)
世界記録男子:2.45メートル(1993年7月27日 ハビエル=ソトマヨル キューバ)
世界記録女子:2.09メートル(1987年8月30日 ステフカ=コスタディノバ ブルガリア)
日本記録男子:2.35メートル(2019年2月2日 戸辺直人)
日本記録女子:1.96メートル(2001年9月15日 今井美希)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「走り高跳び」の解説

走り高跳び
はしりたかとび
high jump

陸上競技の跳躍種目の一つ。 4.0~4.04mの間隔の支柱に掛けたバーを,助走して跳び越え,その高さを競う。代表的な跳び方にはベリーロールロールオーバー,正面跳び,背面跳びなどがある。助走距離は 15m以上で,踏み切りは片足で行なう。3回の試技が許されるが,バーを落としたり,その下をくぐり抜けたときは無効試技となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android