試技(読み)しぎ

精選版 日本国語大辞典「試技」の解説

し‐ぎ【試技】

〘名〙
重量挙げ競技のスナッチジャークの二種目で、自分が申し込んだ重量のバーベルを持ち上げること。選手は各種目ごとに三回行ない、各最高記録の合計で勝敗を決める。
② 陸上競技の投擲(とうてき)跳躍などで、選手に許されている一定回数の演技トライアル

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「試技」の解説

し‐ぎ【試技】

重量挙げや跳躍競技投擲とうてき競技などで、一定回数許される演技の一回ごとの演技。
試合の前の予備的な演技。トライアル。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android