試技(読み)しぎ

精選版 日本国語大辞典「試技」の解説

し‐ぎ【試技】

〘名〙
重量挙げ競技のスナッチジャークの二種目で、自分が申し込んだ重量のバーベルを持ち上げること。選手は各種目ごとに三回行ない、各最高記録の合計で勝敗を決める。
② 陸上競技の投擲(とうてき)跳躍などで、選手に許されている一定回数の演技。トライアル

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「試技」の解説

し‐ぎ【試技】

重量挙げや跳躍競技・投擲(とうてき)競技などで、一定回数許される演技の一回ごとの演技。
試合の前の予備的な演技。トライアル。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android