コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

起(こ)し絵(読み)オコシエ

デジタル大辞泉の解説

おこし‐え〔‐ヱ〕【起(こ)し絵】

建物・樹木・人物などを切り抜いて枠の中に立てると、風景・舞台などが立体的に再現されるようになっている絵。茶室の絵図面などに用いられたが、もともとは子供のおもちゃ。組立灯籠(くみたてとうろう)。立版古(たてばんこ)。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の起(こ)し絵の言及

【立版古】より

…立版行とも書き,切組灯籠(きりくみどうろう),組上げ灯籠,起し絵ともいう。錦絵の玩具の一種。…

※「起(こ)し絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android