コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

起(こ)し絵 オコシエ

デジタル大辞泉の解説

おこし‐え〔‐ヱ〕【起(こ)し絵】

建物・樹木・人物などを切り抜いて枠の中に立てると、風景・舞台などが立体的に再現されるようになっている絵。茶室の絵図面などに用いられたが、もともとは子供のおもちゃ。組立灯籠(くみたてとうろう)。立版古(たてばんこ)。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の起(こ)し絵の言及

【立版古】より

…立版行とも書き,切組灯籠(きりくみどうろう),組上げ灯籠,起し絵ともいう。錦絵の玩具の一種。…

※「起(こ)し絵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

起(こ)し絵の関連キーワード

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android